便秘を解消して脂肪肝を治す

脂肪肝に良くない便秘

 

脂肪肝と便秘とは、おおいに関係があります。

 

便秘が続くほど肝臓には負担がかかり、脂肪もため込みやすくなります。

 

それで、もし便秘ぎみの時が多いなら、腸内環境から整えて自然のお通じを目指しましょう。

 

なぜ便秘は脂肪肝を悪化させるのか

 

便秘は、単に食べかすが腸内にたまっているというだけではありません。

 

体内で発生する老廃物や口などから取り込んだ有害物質などが長い間排出されない状態です。

 

また、腸の内容物は時間がたつと腐敗していき、悪玉の腸内細菌がアンモニアなどの有害ガスを発生させます。

 

これらの毒素は、腸壁を通して血流に入っていき、そして肝臓で解毒されます。

 

ですから、便秘が長引くほど解毒のために働く肝臓には負担がかかっているわけです。

 

さらに便秘は全身の代謝をも悪くします。

 

栄養がエネルギーに転換されにくく、その代わりに脂肪として蓄積されやすくなるわけです。

 

逆に便秘がスッキリと解消できるなら、基礎代謝が良くなって、やせやすい体質になることができます。

 

もちろん脂肪肝の改善に効果的です。

 

便秘薬に頼らない便秘解消法

 

便秘になると、まずは便秘薬を使うという人も多いと思います。

 

しかし、便秘薬も薬ですから、長期に使用すると肝臓へは負担がかかっていきます。

 

また便秘薬に頼ってしまうため、なかなか食事や生活習慣を変えることができずに、いつまでも便秘体質から抜け出せないということにもなるかもしれません。

 

それで、便秘薬はどうしてもきついときの緊急手段と考えて、普段の生活の中で便秘改善に役立つことを行なっていきましょう。

 

便秘改善には、規則正しい生活や適度な運動なども役立ちますが、やはり最も大切なのは、食習慣の見直しです。

 

食物繊維の少ない食事は、便のカサも増えませんし、腸内の善玉菌も増えませんから便秘になりやすくなります。

 

食物繊維を多く含む野菜やキノコ類、豆類などをしっかり取れるような食事にしていきましょう。

 

意識して摂りたい発酵食品とオリゴ糖

 

便秘は様々な原因で腸の働きが低下することから生じます。

 

腸の働きを活発にするには、腸内の善玉菌と言われる細菌を増やすことがカギとなります。

 

善玉菌の主なものはビフィズス菌や乳酸菌ですが、これらの細菌は腸内で酸を産生し、それが腸を刺激して活発化する働きをしています。

 

食物繊維は善玉菌のエサとなるので、食物繊維をしっかりと摂るなら善玉菌が増えていきます。

 

それとともに、意識して食べたいのは発酵食品とオリゴ糖です。

 

ぬか漬け・納豆・味噌・醤油・ヨーグルト・キムチなどの発酵食品には、善玉菌が多く含まれており、また含まれる種類も様々です。

 

それで色々な発酵食品を食べるようにするなら、腸内に様々な善玉菌を送り込むことができ、それらが安定した腸内環境をつくってくれます。

 

また様々な食材に含まれるオリゴ糖は、ビフィズス菌の大好物です。

 

ですから、発酵食品と一緒にオリゴ糖も摂取するようにするなら、腸内環境を整える上では最強と言えます。

 

オリゴ糖はトウモロコシや豆類などに含まれますが、摂取できる量を考えると、以下のようなオリゴ糖のサプリメントがお勧めです。

 

カイテキオリゴ公式

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちらです

 

 

肝臓の健康にも大きく関わってくる便秘を早めに解消して、脂肪肝を改善していきましょう。