脂肪肝を改善するために食べる順番に気をつける

血糖値と脂肪肝の関係とは?

まず食べる順番を考える

 

脂肪肝の改善に食べる順番が大切だと聞くと意外に思われるかもしれません。

 

食べる順番によって血糖値の上がり方が変わるということはご存知かもしれませんが、実は肝臓の脂肪蓄積と血糖値とは深い関係があるのです。

 

血糖値が急に上がると肝臓に脂肪がつく

 

血糖値と聞くと、糖尿病だけの問題だと思われるかもしれませんが、脂肪肝とも関係してきます。

 

食事後に血糖値が急上昇すると、それを抑えようとして体内でインスリンというホルモンが大量に分泌されます。

 

このインスリンは、食物から吸収した糖質をエネルギーに換えますが、エネルギーとして使いきれない分は脂肪として肝臓に蓄積するのです。

 

つまり、インスリンが大量に分泌されている状態というのは、それだけ肝臓に脂肪がたまりやすい状態ということなのです。

 

ですから、血糖値はなるべく緩やかに上昇させなくてはなりません。

 

そのために役立つのが食べる順番に気をつけるということです。

 

肝脂肪のつきにくい食べ方

 

血糖値の上昇を緩やかにして、脂肪肝を改善する食べ方の順番は以下の通りです。

 

1.食物繊維を多く含む野菜・海藻・きのこ類
2.タンパク質を多く含む肉・魚・卵・大豆製品
3.スープや味噌汁など水分の多いもの
4.糖質を多く含む御飯・麺類・パンなど

 

食物繊維やたんぱく質を多く含む食品は消化吸収しにくい特徴があり、またスープなどの汁物はお腹を満たしてくれます。

 

それで上の様な順番で食べるように意識すると、糖質の吸収を遅らせることが出来るとともに、糖質を摂取する量自体も減らすことができます。

 

外食をするときも、なるべく野菜料理のついた定食やサラダを注文して、それから先に食べるようにすると、血糖値の上昇は穏やかになります。

 

逆に空腹時にパンやご飯をバクバク食べると、消化吸収が良くなっている分だけ血糖値も急激に上がることになりますから、要注意です。

 

まずは日ごろの食べる順番に気をつけて脂肪肝を改善する習慣づくりをしていきましょう。

 

脂肪肝サプリメント「ノチラック」で不安にサヨナラ!