食べごたえのある食事で脂肪肝を改善

満足感のある食事にするコツ

満足感のある食事メニュー

 

脂肪肝を改善する上で、食事から摂取するカロリー量を制限することがどうしても必要になる場合があります。

 

でも、ものたりなさを感じてどうしても食事制限が続かないという方も多いようです。

 

そこで、低カロリーの食事でも満足感を感じられるように調理方法や食材の使い方を工夫してみましょう。

 

食べごたえのある食事にするための幾つかのアイデアをご紹介します。

 

生のままで食べる

 

特に野菜類は煮たり、茹でたりすると、ボリュームが極端に減ります。

 

一方、生のサラダで食べると、何倍にもカサが増えますし、噛みごたえもあります。

 

それでなるべく生で食べるようにするなら、たくさん食べたという気持ちになれます。

 

食物繊維の多い食材を使う

 

野菜もそうですが、こんにゃく・きのこ類・海藻などは食物繊維が多くてお腹にたまりやすい食材です。カロリーも低いので、カロリーを気にしている時には最適です。なるべく多用しましょう。

 

品数を多くする

 

料理の品数を少なくして一つ一つの量を増やすよりも、それぞれの量は少なくても品数を増やす方が、豪華に見えて満足感が大きくなります。たくさんの種類を作るのは大変そうに感じるかもしれませんが、常備菜として保存できるものを作り置きしておいて、少しずつ使うという方法なら手間も減らせます。

 

 

他にもローカロリーの食事から満足感を得られる方法を工夫してみて脂肪肝を改善していきましょう。