お酒のおつまみを変えて脂肪肝対策

脂肪肝になりやすいおつまみとは?

居酒屋のおつまみとハイボール

 

意外なことに、脂肪肝の原因として最も多いのは、お酒よりも糖質の摂り過ぎだそうです。

 

逆に適量のアルコールを飲むことは脂肪肝の予防・治療に役立つという研究データもあります。

 

もちろんアルコール性の脂肪肝の場合には禁酒が第一ですが、そうでない場合はほどほどにお酒を飲むのはプラスになるといえそうです。

 

ただし、その場合に大切になるのは、お酒の種類とおつまみの内容です。

 

通常のビールや日本酒、ワインには糖質が含まれています。

 

適量であれば問題はありませんが、ついつい飲み過ぎる日が多いと脂肪はつきやすくなります。

 

一方、同じお酒でも焼酎・ウイスキーなどの蒸留酒や糖質オフの発泡酒には糖質が含まれていません。

 

それらの糖質を含まないお酒は、脂肪肝予防としてはベターな選択と言えます。

 

次におつまみですが、ポテトチップスやたこ焼きなど炭水化物の多いものは脂肪をつきやすくします。

 

脂肪肝対策としては、たんぱく質を多く含む肉・魚介類・卵料理が最適です。

 

また食物繊維を多く含むきのこ類・海藻類・野菜スティックなどもいいでしょう。

 

ナッツやチーズ類も向いています。

 

お酒の種類とおつまみを替えるだけでも肝臓への脂肪がつきにくくなりますから、ぜひ試してみたいですね。

 

尚、おつまみなしで飲むのは、逆に肝臓への負担がかかるのであまり良くないようです。

 

脂肪肝サプリメント「ノチラック」で不安にサヨナラ!