ゆっくり食べる 脂肪肝を改善

早食いするほど脂肪がつきやすい理由

早食いの男女

 

早食いは脂肪肝になりやすい食べ方です。

 

脂肪肝を改善をするには、ゆっくりとよく噛んで食べるクセをつけるということが大切です。

 

もしかしたら、それが習慣づけられたら、それだけでかなりの程度は脂肪肝が減らせるかもしれません。

 

では、なぜゆっくりと食べることがそれほど重要なのでしょうか?

 

食べすぎと血糖値の上がり方の問題

 

まず急いで食べすぎると量を食べ過ぎてしまいます。

 

食べる量が多いとそれだけ太りやすく、脂肪肝が悪化しやすくなるということです。

 

早食いで食べすぎるのは、満腹中枢と呼ばれる脳の神経と関係があります。

 

人は満腹中枢が刺激されると徐々に「お腹いっぱい」だと認識されて食べるのをやめたくなります。

 

ところが、満腹中枢への刺激と栄養の吸収とには時差があり、だいたい食べ始めから15分後ぐらいに満腹中枢への刺激が伝わるのです。

 

ということは、その前であれば満腹感を感じにくいまま、たくさんの量を食べれてしまうということになります。

 

ですから、早食いほど食べすぎになりやすいというわけです。

 

もう一つは、急いで食べるほど血糖値が上がりやすくなるという点があります。

 

特に糖質を多く含む食材を一気に食べてしまうと、血糖値は急上昇します。

 

この血糖値の急上昇により、インスリンというホルモンが体内で大量に分泌されます。

 

インスリンは、糖質をエネルギーに転換するとともに、余分な糖質を脂肪として蓄積する働きがあります。

 

インスリンが大量に分泌されるほど、余分な糖質がどんどん脂肪へと変わっていくわけですから、脂肪肝もひどくなります。

 

それで、血糖値を急上昇させて脂肪をつきやすくしないため、ゆっくりとよく噛んで食べるという習慣が大切というわけです。

 

ゆっくり食べるためのコツは?

 

癖というのは、簡単には治らないものですが、早食いも一つの食べ方の癖なのでやはり一筋縄ではいかない場合があります。

 

個人差はありますが、結構長い期間頑張らないと習慣づけできないという方もおられるでしょう。

 

ここでは、ゆっくり食べるのに役立つポイントをいくつか取り上げてみたいと思います。

 

食事時間を決めておく

 

ただゆっくり食べるように意識しても、段々と早食いになったり、習慣で早めに他の用事に移りたくなることがあります。

 

それで食事の時間を20分間なら20分間と決めておいて、その時間いっぱいを使って食事をするように意識しましょう。

 

噛む回数を決めておく

 

食べ物を口に入れたら、とりあえず箸を箸置きに置いておいて、30回噛むことに集中しましょう。

 

最初から30回噛むのがきつければ20回でも結構です。

 

一口ずつよく噛んで食べる習慣づけをしましょう。

 

食べごたえのあるメニューを増やす

 

あまり噛まずに飲み込める食べ物ばかり食べていると、噛んで食べる習慣がなかなか身につきません。

 

例えば、豆腐などは10回も噛めないですよね。

 

それで、よく噛まないと飲み込めないような硬めの食材を増やすようにしてみましょう。

 

ゴボウや人参など食物繊維を多く含む根菜類などは、血糖値も上がりにくくなるのでいいですね。

 

ながら食べはやめる

 

テレビを見ながら食べるなど「ながら食べ」すると、どうしても噛むことから意識がそれてしまいます。

 

それでは、よく噛む習慣がなかなか身につかないことになります。

 

食事の時は、食べることのみに集中して、食べることを十分に楽しみながら、噛む回数も意識していきましょう。

 

 

 

一度ゆっくり食べる習慣ができても、気がつくと早食いに戻っているという場合は少なくありません。

 

「脂肪肝が減っていく」イメージを常に意識して、ゆっくり食べることを心掛けていきましょう。