夕飯を早めにすませて脂肪肝を減らす

食事が遅くなるほど脂肪はつきやすい

夫婦の夕食風景

 

脂肪肝を減らすには、食べる内容や食べ方も大切ですが、食べるタイミングにも注意しましょう。

 

脂肪は夜遅くなるほどつきやすいと言われています。

 

ですから、夕食をなるべく早めに済ませることで、脂肪肝の改善に役立てることができます。

 

なぜ遅い時間に食べると太るのか

 

夜間は成長ホルモンが多く分泌されます。特に夜10:00〜深夜2:00の間は成長ホルモンが最も多く分泌されるゴールデンタイムです。

 

成長ホルモンは成長期の子どもだけでなく大人も分泌されており、代謝を促進して脂肪を燃焼させる働きがあります。

 

ところが、遅くに食事をとって胃の中に食べ物が残ったままの状態だと、成長ホルモンは分泌されにくくなります。

 

その結果、脂肪も燃焼されにくくなってしまうのです。

 

また夜10:00〜深夜2:00の時間は、脂肪貯蔵たんぱく質(BMAL1)が体内に増えていくようです。

 

ですから、この時間に食べるとただでも太りやすいのです。

 

もし夜食の習慣があるなら、脂肪肝を減らすためにはグッと我慢したほうがよさそうです。

 

脂肪肝サプリメント「ノチラック」で不安にサヨナラ!